たるみについて

たるみについてのコラムです。

目の下のたるみの原因と目の下のたるみによって与える人から見た印象を解説します。

目の下のたるみ

目の下のたるみが気になっているという方は多いのではないでしょうか。
目の下のたるみの原因としては、

  • 加齢でコラーゲンやセラミドやエラスチンやヒアルロン酸が減少してハリや弾力や潤いを保つことが出来なくなってしまう。
  • 表情筋の衰えにより持ち上げる力が失われて重力に負けてしまう。
  • 頭皮環境の悪化により地肌が凝り固まって硬くなっている。
  • パソコンやスマートフォンの画面を見続けていることで眼精疲労が起こり血行が悪くなっている。
  • 紫外線やクレンジング時の摩擦などの外側からの刺激。
  • 心的やストレスや生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れ。
  • スキンケアが間違っていたり足りなかったりする。

などがあります。

 

目の下のたるみを解消させるには?

たるみを解消させるためには、これらの原因一つ一つに働きかけていくことが大事です。
目の下のたるみがあることによって人にどのような印象を与えるかについてですが、

  • 全体的な皮膚のたるみと相まって老け顔に見られ見た目年齢を一気に押し上げてしまう。
  • 寝不足で疲れた印象を抱かれてしまったり体調が悪く見られてしまったりする。
  • 怖くて近寄りがたい印象を与えてしまう。
  • 美容や健康への意識が低いだらしない人に見られてしまう。

などがあります。

人の印象は会ったその瞬間に決まってしまいますので、第一印象を良くするためにも積極的なケアに努めて目の下のたるみを解消させましょう。

積極的に行うべきケアとしては、

  • 頭皮マッサージと顔のマッサージで血行を促進させてリフトアップさせる。
  • エクササイズで表情筋を鍛えたりEMS機能搭載の美顔器で表情筋にアプローチしたりする。
  • 目の疲れを感じている場合は意識的に目を休ませる。
  • エイジングケア効果や保湿効果が高い基礎化粧品でスキンケアをしたりアイクリームを使用したりパックをしたりする。
  • 健康的で規則正しい生活習慣や食生活を意識する。
  • UVケアを徹底的に行い刺激を与えないようにする。

などがあります。

目の下のたるみの原因や人に与える印象を正しく理解して積極的なケアをして行きましょう。

顔のたるみに良いマッサージ

顔のたるみ

年齢を重ねていきますと、どうしてもシワやたるみが気になってきます。

が、腹筋や上腕二頭筋のように筋肉を意識して動かしていけばたるみの問題を解決していけるのです。

顔だってトレーニング次第!?

腹筋運動やダンベルを利用したトレーニングは認知度も高く有名ですが、顔の筋肉を意識するマッサージはまだまだ広範囲には知れ渡っていないのです。
マッサージも重要ですが、最初に知るべきことはたるみの原因となってきまして、原因を知りそれを改善していく事が何よりも重要になります。

顔のたるみの原因は、加齢に伴うコラーゲンの減少が挙げられまして、50代になりますと20代の時よりも半減してしまい、同時に弾力が減りたるみに繋がるという事です。
紫外線もコラーゲンやエラスチンの破壊に繋がるので対策が必要になってきますし、肌の乾燥も弾力を失わせる要因になってきます。

運動不足による新陳代謝の低下により脂肪が増えますと自然とたるみも増えていくので注意が必要ですし、パソコンやスマートフォン等を利用する時に猫背等の姿勢を続けますと重心が下に向きたるみが増えてしまいます。

上記のように顔のたるみに繋がる要因は多数あり、当てはまる項目を減らしていく事が重要になってきます。
その上でマッサージを取り入れれば非常に効果が見えやすくなってくるのです。

マッサージの方法は頬から始めると良く、両手を頬に置き頬骨を意識しながら優しく上下に揉みますと頬の筋肉が意識されていきます。
慣れてきたら首に両手を回して顔を上向かせて顎を少し上下させる運動をしますと、更に血流が良くなりたるみに効いてきます。

仕上げとして頭部に、両手を添えて指で軽く押すマッサージをしますとリラックス効果を得ながら顔のたるみを解消していけます。
徐々に減っていくコラーゲンを意識したサプリや食材の補給や紫外線対策等とマッサージを上手く組み合わせていく事により、顔のたるみの悩みも減っていき同時に生活習慣の向上により体全体が健康になっていきます。

ほうれい線とたるみの関係

ほうれい線とたるみ

ハリのある若々しい肌はそれだけで魅力の一つになりますし、見た目年齢を若く見せることになります。
しかし、人間は加齢とともに肌にも衰えを感じるようになります。

見た目年齢を若く見せるために出来る事とは?

肌は適度な水分を保持することで弾力性を維持します。
そして肌表面のバリア機能となって紫外線の影響や摩擦などの外部刺激から肌を防御する働きをするのです。

加齢やストレスなどによって肌の水分量が低下してしまうと様々な影響がでます。
肌は定期的な生まれ変わりを行っていますが、そのターンオーバーが正常に機能しなくなり、古い角質が残ってしまうことがあります。

それによって排出されるべき不要なメラニン色素が排出されずに残りシミやくすみとなってしまう、そして水分量が減少することで肌の弾力性がなくなって重力に従って肌自体が下に下がるのです。
これはいわゆるたるみというものです。

たるみがおこることでシワができます。
年齢を感じさせるほうれい線などはたるみと大きく関係しているのです。

重力によって下がってしまった頬が皮膚が折れ曲がってしまった線です。
ほうれい線があることで見た目年齢を大きく上げてしまうことにつながるので避けたいところです。

たるみとほうれい線を予防するためのケアとは?

こうしたたるみによるほうれい線を改善、予防していくには日々のケアがとても重要です。

低下している水分量を上げるにはバランスの良い食生活、体内循環を上げるための程度な運動、成長ホルモンを分泌させるための良質な睡眠など生活習慣の見直しをしていくことも大切です。

そして保湿力の高い基礎化粧品などを利用して日々の肌ケアをしっかりと行うこと、サプリなどで肌に必要な栄養分を補うことなども良い方法です。
そして、更に肌マッサージも良い方法の一つです。

筋力の衰えは肌にたるみを起こす原因です。
筋肉を刺激し筋力アップさせていくこと、血流を良くして細胞の隅々まで栄養分がいきわたるようにすること、更に肌に滞っている老廃物を流して排出させることなど様々な良い効果があります。

決して力任せにやるのではなく優しく、流すように内側から外側へマッサージしていくのが良いです。

たるみ特集!頬がたるむ要因ってなに?

頬のたるみ

顔全体が老けて見られがちな大きな要因は頬のたるみ。

頬のたるみは年齢だから仕方ないと諦めがちですが、実は加齢だけではないということは、ご存知でしょうか。

普段のクセや紫外線がたるみの原因だった!?

普段の表情やクセがたるみの原因のひとつに、なっている場合などもあるのです。
たるみの原因についてみていきましょう。

デスクワークやスマホなどでかがみ込むような姿勢をしすぎていると頬のたるみとなってしまいます。
猫背になって背中が丸めてしまうと顎が突き出た状態になるため、首の後ろ側の筋肉が縮み方がした方向に引っ張られ、口角が下がってしまうのです。

それがたるみを引き起こしているようなこともあるので、デスクワークやスマホ操作などをするときは姿勢を正しくするように心がけましょう。

紫外線のダメージなども、頬がたるむ日差しが強いときに浴びるuvbよりも曇り空や室内にいても飽きてしまうような生活紫外線であるuva影響があります。

というのも、uvaは波長が長く肌のハリを支えるコラーゲンエラスチンが存在する真皮まで到達し、紫外線ダメージによって細胞が破壊されることでエラスチンやコラーゲンを合成できない状態になり頬がたるむのです。
年齢ではなくそのような紫外線などでも、コラーゲンの減少につながります。

まず頬のハリを与える、コラーゲンやエラスチンが年齢とともに減少してきてそのせいで針のが失われて頬がたるんでしまうのは確かですが、それが加齢だけが原因ではなく日頃の心がけなどにもよるのです。

さらに乾燥の影響も、あります。
乾燥でターンオーバーをが遅れをきたしてしまうからです。

内側から新しい肌をターンオーバーによって生み出して、肌の潤いハリをキープしているのですが、空気の乾燥による皮脂の分泌量が低下してしまったりターンオーバーが乱れてしまったりすることによって、バリア機能が低下し角質層の水分が蒸発してどんどん減っていってしまうのです。

真皮で水分を保つことができなくなるため、負担が大きくなり皮膚のクッション機能の役割や弾力維持する機能がなくなり頬のたるみに繋がってしまいます。