たるみ

ほうれい線とたるみの関係

ほうれい線とたるみ

ハリのある若々しい肌はそれだけで魅力の一つになりますし、見た目年齢を若く見せることになります。
しかし、人間は加齢とともに肌にも衰えを感じるようになります。

見た目年齢を若く見せるために出来る事とは?

肌は適度な水分を保持することで弾力性を維持します。
そして肌表面のバリア機能となって紫外線の影響や摩擦などの外部刺激から肌を防御する働きをするのです。

加齢やストレスなどによって肌の水分量が低下してしまうと様々な影響がでます。
肌は定期的な生まれ変わりを行っていますが、そのターンオーバーが正常に機能しなくなり、古い角質が残ってしまうことがあります。

それによって排出されるべき不要なメラニン色素が排出されずに残りシミやくすみとなってしまう、そして水分量が減少することで肌の弾力性がなくなって重力に従って肌自体が下に下がるのです。
これはいわゆるたるみというものです。

たるみがおこることでシワができます。
年齢を感じさせるほうれい線などはたるみと大きく関係しているのです。

重力によって下がってしまった頬が皮膚が折れ曲がってしまった線です。
ほうれい線があることで見た目年齢を大きく上げてしまうことにつながるので避けたいところです。

たるみとほうれい線を予防するためのケアとは?

こうしたたるみによるほうれい線を改善、予防していくには日々のケアがとても重要です。

低下している水分量を上げるにはバランスの良い食生活、体内循環を上げるための程度な運動、成長ホルモンを分泌させるための良質な睡眠など生活習慣の見直しをしていくことも大切です。

そして保湿力の高い基礎化粧品などを利用して日々の肌ケアをしっかりと行うこと、サプリなどで肌に必要な栄養分を補うことなども良い方法です。
そして、更に肌マッサージも良い方法の一つです。

筋力の衰えは肌にたるみを起こす原因です。
筋肉を刺激し筋力アップさせていくこと、血流を良くして細胞の隅々まで栄養分がいきわたるようにすること、更に肌に滞っている老廃物を流して排出させることなど様々な良い効果があります。

決して力任せにやるのではなく優しく、流すように内側から外側へマッサージしていくのが良いです。

たるみ特集!頬がたるむ要因ってなに?

頬のたるみ

顔全体が老けて見られがちな大きな要因は頬のたるみ。

頬のたるみは年齢だから仕方ないと諦めがちですが、実は加齢だけではないということは、ご存知でしょうか。

普段のクセや紫外線がたるみの原因だった!?

普段の表情やクセがたるみの原因のひとつに、なっている場合などもあるのです。
たるみの原因についてみていきましょう。

デスクワークやスマホなどでかがみ込むような姿勢をしすぎていると頬のたるみとなってしまいます。
猫背になって背中が丸めてしまうと顎が突き出た状態になるため、首の後ろ側の筋肉が縮み方がした方向に引っ張られ、口角が下がってしまうのです。

それがたるみを引き起こしているようなこともあるので、デスクワークやスマホ操作などをするときは姿勢を正しくするように心がけましょう。

紫外線のダメージなども、頬がたるむ日差しが強いときに浴びるuvbよりも曇り空や室内にいても飽きてしまうような生活紫外線であるuva影響があります。

というのも、uvaは波長が長く肌のハリを支えるコラーゲンエラスチンが存在する真皮まで到達し、紫外線ダメージによって細胞が破壊されることでエラスチンやコラーゲンを合成できない状態になり頬がたるむのです。
年齢ではなくそのような紫外線などでも、コラーゲンの減少につながります。

まず頬のハリを与える、コラーゲンやエラスチンが年齢とともに減少してきてそのせいで針のが失われて頬がたるんでしまうのは確かですが、それが加齢だけが原因ではなく日頃の心がけなどにもよるのです。

さらに乾燥の影響も、あります。
乾燥でターンオーバーをが遅れをきたしてしまうからです。

内側から新しい肌をターンオーバーによって生み出して、肌の潤いハリをキープしているのですが、空気の乾燥による皮脂の分泌量が低下してしまったりターンオーバーが乱れてしまったりすることによって、バリア機能が低下し角質層の水分が蒸発してどんどん減っていってしまうのです。

真皮で水分を保つことができなくなるため、負担が大きくなり皮膚のクッション機能の役割や弾力維持する機能がなくなり頬のたるみに繋がってしまいます。

たるみ解説!肌がたるむ原因ってなに?

肌のたるみの原因

肌がたるむ大きな原因と言われているのが、コラーゲンの生成不足です。
コラーゲンは肌の真皮層という部分に作られる物質です。
網目状に張り巡らされており、このコラーゲンが肌を支える土台となります。

コラーゲンはたるみと密接な関係にある事実

コラーゲンは人の体内で作られる物質ですが、加齢と共にその生成量は減少していきます。
20代がピークとなり、どんどんコラーゲンの量は少なくなるようです。
50代ともなるとピーク時の約半分にまで、コラーゲンの生成量は減少します。

肌を支える土台自体が作られなくなるため、ハリ感や弾力性が失われてしまいたるみが生じるのです。
また、コラーゲンは紫外線によるダメージでも変形します。

紫外線は肌表面だけでなく、奥深くにある真皮層にまでダメージを与えます。
真皮層部分にまで到達した紫外線は、コラーゲンにもダメージを加え変形させるのです。

形が変わってしまったコラーゲンは、やはり土台としての機能が衰えてしまいハリ感・弾力性の低下に繋がります。
この他にたるみの原因となるのが「表情筋の衰え」です。

たるみの原因は筋肉にあった!?

筋肉は身体だけでなく顔にもあります。
表情の動きが乏しいと、表情筋は衰えてしまいがちです。
筋力が低下すると脂肪がつきやすくなり、その脂肪を支えきれなくなりたるみます。

最近、たるみの原因として注目されているのが「糖化」です。
糖化とは体内でタンパク質と糖質が結びつく現象のことを言います。

糖化が進むとコラーゲンが変性を起こして、ハリ感・弾力性が低下します。
それから、「肌の乾燥」もたるみを招く原因の1つです。

乾燥している肌はキメが乱れ、バリア機能も低下してしまいます。
バリア機能が低くなっている状態だと、紫外線のダメージも受けやすくまた、肌内部の水分も蒸発するのでたるみが出やすくなるようです。

他にも姿勢の悪さや喫煙、運動不足といった要因もたるみを招きます。
年齢を重ねても若々しさをキープしたいのであれば、このようなポイントに注目してみましょう。