ほうれい線

頭皮マッサージでほうれい線を解消

頭皮マッサージ

口元のほうれい線に悩まされている方は多いのではないでしょうか。

  • 老けた印象を抱かれて見た目年齢を大きく押し上げてしまう。
  • 化粧をするとファンデーションがほうれい線に入り込んでしまいさらに目立ってしまう。
  • ほうれい線が気になって思いっきり笑うことが出来なくなってしまう。

など様々な問題がつきまといます。

深刻化する前に!エイジングケアにぴったりの頭皮マッサージ

加齢に伴いその悩みはどんどん深刻化していきますので、早めにエイジングケアを意識した対策を行うことが大切です。
そこでおすすめなのが、頭皮マッサージです。

頭皮マッサージと言うと薄毛や抜け毛の対策や頭皮の臭いやフケや痒みや乾燥やベタつきの改善などに役立つ方法というイメージが抱かれがち。

ですが、ほうれい線対策にも大きく役立てることが出来ます。
頭皮と顔の皮膚はつながっています。

頭皮マッサージをすることで顔のリフトアップ効果が得られ、たるみが解消されてほうれい線を目立たなくさせることが出来るというメカニズムです。
顔のマッサージにプラスして頭皮マッサージを行うことで、アンチエイジング効果の底上げにつながります。

頭皮マッサージのやり方についてですが、まずはシャンプーをしてしっかりと汚れを落として頭皮を清潔な状態に導きましょう。
マッサージのベストタイミングは、シャンプーをしてタオルドライをした後です。

育毛剤やスカルプエッセンスを頭皮に満遍なく均一に馴染ませ、指の腹で凝り固まった地肌を柔らかく揉みほぐすようにしてマッサージをします。
凝り固まった頭皮はほうれい線の大敵となりますので、マッサージでほぐして血行を促進させましょう。

血行が促進されることで、育毛剤やスカルプエッセンスに配合されている有効成分が浸透しやすくなるというメリットも得られます。

リフトアップされてほうれい線が解消されるだけではなく、頭皮環境を改善させて抜け毛や薄毛の予防や髪の毛の成長の促進にもつながるので、一石二鳥です。
顔にも頭皮にも好影響をもたらしてくれます。

口内マッサージでほうれい線が消える?

口内マッサージ

ほうれい線は老化によって皮膚の筋肉が低下することによって、皮膚がハリやツヤを失ってしまうために深くなってしまいます。

整形などで消す方法は高額であまり現実的ではないので、肌そのものをマッサージするということも言われますが、美容液もかかってしまいます。

その点口内マッサージがおすすめです。

口内マッサージでほうれい線を押し出す!?

口内マッサージは口の内側からほうれい線を押し出すことによって消してしまうというのがその原理です。
そして押し方にはコツがあります。

まず親指を使った方法ですが、右手指と中指と薬指で左顔のほうれい線押さえ親指を口の中に入れ、内側からほうれい線を優しくマッサージしていきましょう。

これだけかなり簡単なマッサージですが、上から下に向かって行なっていけば左手で右側も行い肉の緊張をほぐすことでリフトアップが、期待できるのです。

さらに舌を使う方法もあります。
指を口の中に入れるのは、ちょっと大変ですが舌を口の中で歯茎に沿って左回りに20回ぐるぐると回していきましょう。

どうように、右回りにも20回ほど回して行くとほうれい線の部分で舌を一旦止め内側から、抑えるようにすることによってほうれい線が次第に消えていきます。
舌だけの感覚で、ほうれい線の位置がちょっと分かりにくいのでほうれい線に指を沿わせておくと分かりやすいと言えるでしょう。

鏡でしっかり確認しながら行うのもおすすめです。
最初は、かなり疲れてしまうので無理はしないように10回ずつでもオッケー。

また口内マッサージをすると小顔効果、二重顎の解消にもなりますし、口臭や虫歯歯周病予防にはなります。

マッサージをやってみて、顔の筋肉が少し疲れた感じになれば、普段使わない筋肉をよく使った証拠です。

表情筋のコリをほぐすという点でも自然な笑顔を作るのに助かりました。
また、マッサージ加えて、コラーゲン入りの美容液を併用するとさらに効果がアップしますよ。

ほうれい線を自分でなくすにはどんな方法があるの?

ほうれい線

年齢を重ねるにつれてさまざまな肌トラブルに悩んでいる女性たちが、年々増えてきています。
特に、口元や目元のシワが気になって困っている人が少なくありません。

一番多い悩み、それがほうれい線!その対策とは?

その中には、できるだけサロンには通わずに自分でセルフケアを行いたいと願っている女性も多く見られます。
ほうれい線をなくすための方法としては、ハンドマッサージが効果的です。

朝晩のお手入れを行う際に化粧水や美容液を重ねますが、その後保湿クリームを肌全体に伸ばして指先で優しくクルクルと回していきます。
特に、口元の筋肉を上に引き上げるようなイメージでマッサージをすることによって、ピンとハリのある若々しい素肌へと近づくことが可能となるのです。

さらに、口の動きを増やすエクササイズを毎日鏡を見ながら続けることで、深く刻まれたほうれい線を薄くする効果も期待できます。
唇をキュッとすぼめてから上を向いて30秒間ほど保つと、頬の筋肉に刺激を与えてたるみを防ぐことにも役立つのです。

肌が乾燥することでシワになるケースも多くありますので、セラミドやヒアルロン酸を配合した化粧水を使用すると潤いを長時間維持することができます。
冬には加湿器などを上手に用いることによって、いつでも適切な温度で過ごせます。

普段の生活習慣こそ美肌への近道!

そして、過度なストレスや生活習慣が乱れていると、血管が収縮して血行が悪くなりむくみやほうれい線を引き起こしてしまうのです。
そのようなことがないように、普段から規則正しい生活を送るよう注意するだけでスッキリとした若々しく美しい肌を手に入れることができます。

普段の食事では、野菜などに含まれているビタミンをしっかりと沢山摂取しておくと、肌の内側から輝くような艶を得て自信を取り戻すことにも結びつくのです。

このように、スッキリとした輪郭の小顔を手に入れてほうれい線をなくすためには、毎日の工夫や努力の積み重ねがなによりも大切といえます。
舌を回して顔の筋肉を鍛えておくと、若々しい印象を与えられるのです。

ほうれい線とたるみの関係

ほうれい線とたるみ

ハリのある若々しい肌はそれだけで魅力の一つになりますし、見た目年齢を若く見せることになります。
しかし、人間は加齢とともに肌にも衰えを感じるようになります。

見た目年齢を若く見せるために出来る事とは?

肌は適度な水分を保持することで弾力性を維持します。
そして肌表面のバリア機能となって紫外線の影響や摩擦などの外部刺激から肌を防御する働きをするのです。

加齢やストレスなどによって肌の水分量が低下してしまうと様々な影響がでます。
肌は定期的な生まれ変わりを行っていますが、そのターンオーバーが正常に機能しなくなり、古い角質が残ってしまうことがあります。

それによって排出されるべき不要なメラニン色素が排出されずに残りシミやくすみとなってしまう、そして水分量が減少することで肌の弾力性がなくなって重力に従って肌自体が下に下がるのです。
これはいわゆるたるみというものです。

たるみがおこることでシワができます。
年齢を感じさせるほうれい線などはたるみと大きく関係しているのです。

重力によって下がってしまった頬が皮膚が折れ曲がってしまった線です。
ほうれい線があることで見た目年齢を大きく上げてしまうことにつながるので避けたいところです。

たるみとほうれい線を予防するためのケアとは?

こうしたたるみによるほうれい線を改善、予防していくには日々のケアがとても重要です。

低下している水分量を上げるにはバランスの良い食生活、体内循環を上げるための程度な運動、成長ホルモンを分泌させるための良質な睡眠など生活習慣の見直しをしていくことも大切です。

そして保湿力の高い基礎化粧品などを利用して日々の肌ケアをしっかりと行うこと、サプリなどで肌に必要な栄養分を補うことなども良い方法です。
そして、更に肌マッサージも良い方法の一つです。

筋力の衰えは肌にたるみを起こす原因です。
筋肉を刺激し筋力アップさせていくこと、血流を良くして細胞の隅々まで栄養分がいきわたるようにすること、更に肌に滞っている老廃物を流して排出させることなど様々な良い効果があります。

決して力任せにやるのではなく優しく、流すように内側から外側へマッサージしていくのが良いです。