顔のたるみに良いマッサージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔のたるみ

年齢を重ねていきますと、どうしてもシワやたるみが気になってきます。

が、腹筋や上腕二頭筋のように筋肉を意識して動かしていけばたるみの問題を解決していけるのです。

顔だってトレーニング次第!?

腹筋運動やダンベルを利用したトレーニングは認知度も高く有名ですが、顔の筋肉を意識するマッサージはまだまだ広範囲には知れ渡っていないのです。
マッサージも重要ですが、最初に知るべきことはたるみの原因となってきまして、原因を知りそれを改善していく事が何よりも重要になります。

顔のたるみの原因は、加齢に伴うコラーゲンの減少が挙げられまして、50代になりますと20代の時よりも半減してしまい、同時に弾力が減りたるみに繋がるという事です。
紫外線もコラーゲンやエラスチンの破壊に繋がるので対策が必要になってきますし、肌の乾燥も弾力を失わせる要因になってきます。

運動不足による新陳代謝の低下により脂肪が増えますと自然とたるみも増えていくので注意が必要ですし、パソコンやスマートフォン等を利用する時に猫背等の姿勢を続けますと重心が下に向きたるみが増えてしまいます。

上記のように顔のたるみに繋がる要因は多数あり、当てはまる項目を減らしていく事が重要になってきます。
その上でマッサージを取り入れれば非常に効果が見えやすくなってくるのです。

マッサージの方法は頬から始めると良く、両手を頬に置き頬骨を意識しながら優しく上下に揉みますと頬の筋肉が意識されていきます。
慣れてきたら首に両手を回して顔を上向かせて顎を少し上下させる運動をしますと、更に血流が良くなりたるみに効いてきます。

仕上げとして頭部に、両手を添えて指で軽く押すマッサージをしますとリラックス効果を得ながら顔のたるみを解消していけます。
徐々に減っていくコラーゲンを意識したサプリや食材の補給や紫外線対策等とマッサージを上手く組み合わせていく事により、顔のたるみの悩みも減っていき同時に生活習慣の向上により体全体が健康になっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。